webエンジニアは家に帰れないこともある

webエンジニアは、納期前には非常に忙しくなることで有名です。上流工程から少しずつ狂ってきたスケジュールが、最後は末端のwebエンジニアのところで皺寄せとなります。一日中仕事をし続けても納期に間に合わせられないケースも多いです。会社に泊まり込みをして、納期のギリギリまで作業をすることは業界では珍しくはありません。時には正社員だけでは手が足りないということで、緊急的に派遣社員が増員されるケースもあるでしょう。最終的には仕事を外注作業員に撒いてでも作業を終わらせることになります。ただ、忙しいのは基本的には納期前だけです。それ以外の場面では、メンテナンス程度しか仕事がないケースも多いです。忙しい時期とそうでない時期の差が激しいので、スイッチの切り替えが上手くできない人は向いていないかもしれません。

このようにwebエンジニア求人は、非常に面白い仕事になります。ハードな分やりがいも強いですし、給料も比較的いいです。他の仕事へとステップアップをすることも可能なのが嬉しいポイントでしょう。就職をすればIT業界の最前線で戦っていくことができます。ただ、正規社員と派遣社員の差が大きいので、いい仕事をしたいという人はネット上の就活お役立ち情報などを参考にして、正社員待遇で会社に迎えてもらうようにしましょう。派遣では三年を目処に人材の入れ替えが行われるので、長期的にステップアップをすることも難しくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です